About us

TABERU.CLUBの理念~コンセプト~

一人一人の人生が良くなるように食べよう!

~地球家族の笑顔が広がるように~

【ビジョン】

地球を良い形で次世代に引き継ぐ。

そんなことが当たり前の社会にしていきたい。

【ミッション】

既に循環のシステムから遠く離れた生活をしている現代社会。

人間の英知を利用しながらも、緩やかに循環のサイクルへと

ライフスタイルを変容させていきます。

安心安全で家族のような関係性の中で、一人一人が健康で輝き幸せな人生を送る

後押しになるコミュニティクラブの運営をします。

今の人類は、約500万年前にヒト亜族とチンパンジー亜族に

分岐したと推定されています。

進化の過程で最後まで一緒だったとされるヒトのDNAとチンパンジーのDNAは

98.4%同一との論文があります。

「生存戦略の違い」こそが、その両者を別物にしています。

チンパンジーの寿命は約50年といわれ、子孫を残すのに

チンパンジーの女性は、最後まで生涯現役で子育てをします。

一方のヒトは子孫を残すために、集団で子育てをする作戦にでました。

人間は、夫やおばあちゃんという役割を作ることで、

複数の子供をみんなで育てる生存戦略をとったのです。

人間の本能として、遺伝子レベルで、

パートナーなどを必要とし、

協力関係を必要とし、

お互いの経験を運搬し、

情報を分かち合い、

そういう集団での生活の中でこそ人間足りえるのです。

だから、集団で生き残るために

共感すること、

利他の心を育むこと、

惻隠の情を示すことが

人には欠かせないことなのです。

狩猟採集時代から、人間は100人単位のグループで生活を共にしていました。

農耕に入る前から、大きな家族、コミュニティを作っていたのです。

進化の面から見ても、自分が安心して所属できる場所を人が求めるのは当たり前なのです。

第二次大戦後、核家族化が進み、今では一人ぐらしが進んでいます。

それでも、安心して所属できる居場所が欲しいのは、

人間が人間である証拠です。

マズローの5段階欲求では、1から5へ向かって要求が満たされていくと言われています。

  1. 生理的 :生命維持の為、食べる、飲む、寝るなど
  2. 安全の :命を狙われることのない安全な環境にいたい
  3. 社会的 :家族や集団に所属したい
  4. 承認  :自分の存在価値を認めて貰い尊敬されたい
  5. 自己実現:自分の能力や可能性を最大限に発揮したい

でも、人間は進化の過程で、

集団を作り、安心できる場所と仲間が協力し合って

食糧を得、子孫を残していたのです。

つまり、他の動物とは違い所属することが生きることに直結しているのです。

安心安全な場所ができれば、書ききれないほど色々な可能性が広がります。

・自由にチャレンジや冒険ができる

・みんなの為に自分の力を発揮する

・困っている人を助け合う

・楽しみを分かち合って倍にする

・悲しみを分かち合って半分にする

・子どもを安心して育てられる

だから、TABERU.CLUBは同じ価値観を大切にする人達のコミュニティを提供します。

家族の様に安心して、所属出る安全基地になる場所。

「楽良食道」を通じて、健康でサステイナブルな食べ方を学び、

心身共に健康で、良い状態になれる場所。

同じ価値を共有する生産者や製造者と繋がれ、

本当に自分の望むスムーズな循環のライフスタイルへと、

緩やかに変化していける場所。

それぞれの人が、自分の個性を発揮し、活躍しながら

笑顔で幸せな時間を多く過ごせる基盤となる場所。

そんな分かち合いができるコミュニティを提供します。

【バリュー】

TABERU.CLUBが、どんな価値観を大切にするかというと、次の5つです。

1、みんな違ってみんないい

2、安心して帰れる場所である為に、自分も他人も責めず大切に扱う

3、起きたことは、良くなるきっかけと捉える

4、感謝、笑顔、楽しい、素直、丁寧が大切

5、循環をスムーズにする生活を選ぶ

1、みんな違ってみんないい

アフリカから分かれた人間たちは、色んな環境に適応し、

その環境に応じて多様な文化を作り上げながら進化してきました。

違うことは、環境適応するためにも当たり前のことなのです。

違いを受入れ楽しみながら、それぞれの環境で育ってきた文化を尊重します。

個性が違うからこそ、強みで貢献し、弱みで助けてもらうことができ、

繋がりを深くしていくことができるのです。

違いも分かち合って、一人一人が活躍し幸せであることが大切です。

2、安心して帰れる場所である為に、自分も他人も責めずに大切に扱う

安心はすべての根底になる大切な基盤です。

自分が安心できている状況から、勇気や優しさが生まれてきます。

それには、自分を責めない。他人を責めない。大切に扱う。

良いところも悪いところも受け入れることが大切です。

私の多用する言葉に「いいじゃない。人間だもの」というのがあります。

相田みつをさんの言葉は、自分や他人をゆるし、

受け入れる時にとても役に立ってくれます。

そして大切に扱うことは、尊厳を持って扱うことです。

3、起きたことは、良くなるきっかけと捉える

人生や社会、世界には沢山のトラブルがあります。

人間が進化する過程でも沢山のトラブルがあったことでしょう。

しかし、それらがあったからこそ進化し、今存在することができているのです。

起きたことから、学び、工夫し成長する糧にできるのです。

コミュニティでもトラブルはあると思います。

でもそれは、個人とコミュニティがそれぞれ成長するチャンスと捉えます。

4、感謝、笑顔、楽しい、素直、丁寧が大切

行動や選択肢を選ぶ基準です。

すでに沢山与えられていることに気が付き、その有難いことに感謝します。

自分や誰かが笑顔になるようなことをします。

楽しみながらします。自分に素直な気持ちを大切にします。

一つ一つを丁寧にすることは丁寧に生きることに繋がります。

5、循環をスムーズにする生活と文化を選ぶ

人間は、言うまでもなく地球の一部です。

誕生と死。季節。変化し新陳代謝が常に行われています。

「私は、きれいだからいつまでも咲き続けるわ」と言って、

咲き続ける桜はいません。

時がきたら花を落として、実をつけます。

いずれ実も落として、冬になれば葉も落とすのです。

だからこそ春には新たな芽が出てこれます。

地球にいる私達は、人間だけの営みをしているわけではありません。

あらゆるすべては繋がっています。

人間以外のことも考え大切にすることは人間を大切にすることです。

持続可能な社会とは、循環が上手く回る社会です。

もう既に滞っているので、変えるには時間が必要です。

それでも次の世代に良い状態で地球を渡すためにも、

循環をスムーズする生活と文化を選びます。

この5つの価値観が、地球家族の笑顔に繋がります。

TABERU.CLUBは食のコミュニティからスタートします。

一人一人の人生が良くなるように食べることを、学び共有し楽しみます。

日本の食文化で腸内環境をきれいにし、

心身の健康と笑顔になることを後押しします。

いずれは、テーマパークと地域が合体し、日本文化と自然環境が融合した

素敵な場所を作ります。

私達は、本来持っていた人間としての特性を活かし、

循環する地球家族の笑顔を広げて行きます。

>Eat to make life better

Eat to make life better

Eating is living. Living is eating.Eating is living. Living is eating. Eating for a better life means living with gently. You can live gently for yourself, your loved ones, and the earth. Every day is filled with love, with health and gratitude. Be curious and eat to improve your life!

CTR IMG